女性の薄毛は気がつかないうちに進行することが多いと言われています。特に中高年になってからの薄毛は本人が気がつかない間に進んでいることが多いと言われています。中高年の薄毛の原因の一つには、女性ホルモンの種類であるエストロゲンが関与しているということを知っていますか?エストロゲンは髪の毛が生えることに役立ち、毛髪の成長機が長続きするように働きかけてくれているのですが、年齢とともにだんだんエストロゲンの分泌は減少していきます。

特に閉経前後の女性は不安定になりやすいですし、エストロゲンそのものが分泌されなくなっていきます。ということは、髪の毛が成長する期間が必然的に短くなってしまいますし、休止している期間が長くなることを意味し、それが薄毛の原因になるのです。

エストロゲンが分泌されるピークはだいたい28歳ごろと言われています。それから先はだんだん分泌が低下しますので、その結果薄毛になることも理解できますね。閉経後は全く分泌されないわけではなくて、少しは副腎からも分泌はされているのですが、それでもかなり少量です。

更年期になればだんだんエストロゲンは減りますので、これまでと同じヘアケアをしていたとしても、一つの毛穴から出ている髪の毛の本数が少なくなったり、髪の毛がだんだんやせ細ったりしてしまうのです。そして全体的に薄毛になった印象になるというのが中高年の薄毛の原因です。

女性の薄毛の進行をストップもしくは改善してくれる病院の情報ってご存知ですか?

こうした脱毛は女性特有ともいえ、女性型脱毛症と呼ばれたり、びまん性脱毛症という名前で知られています。頭頂部が薄くなっているのはびまん性脱毛症ですが、自分がどのタイプの薄毛にあたるのか、鏡などで確認してみるといいでしょう。人によってタイプに違いがあります。

コンサルテーション→女性の発毛は薄毛病院で http://hsclinic.jp/cont/ladyusuge/

◆女性の薄毛を食い止めるためには
年齢とともに薄毛になることは仕方がないことだと諦めている女性も多いでしょう。しかし生活習慣、ヘアケアを少し改善するだけでもかなり進行を遅らせることは可能なのです。まずひとつめに大事なことは睡眠です。睡眠をしっかり取ることはとても大事なことです。

中高年の女性は女性ホルモンの減少が目覚しいですが、それに加えて、健康のこと、家庭や仕事のことなどストレスや悩みの原因になることがたくさんあります。親の介護を考える人もいるでしょうし、老後のことが心配になる人もいるかもしれません。

こうしたストレス状況の中で日々生活をしている女性だからこそ、気をつけるべきことがあります。それが、睡眠です。ストレスに打ち勝つためには睡眠は欠かせないことなのです。中でも副交感神経が活発になると言われている22時から2時までの間はできるだけ睡眠時間に充てることが望ましいと言われています。

この時間は成長ホルモンが活発に分泌されますので、新しい細胞にどんどん生まれ変わっている時間帯です。頭皮は毛母細胞、頭皮の皮膚細胞が生まれ変わりますので、良い頭皮環境になりたければ、この時間帯に寝ることは欠かせないことなのです。

なかなか22時ジャストに寝ることは難しいかもしれませんが、11時から遅くても0時には寝るようにして、朝は6時前後には目を覚ますのがいいリズムと言えるでしょう。睡眠と生活習慣をしっかりと整えることが、進行している薄毛を食い止めることの第一歩となりますので、ぜひ頑張って食い止めるように努力しましょう。

最初は改善することは難しいかもしれませんが、少しの努力で可能となります。生活週刊飲み直しはやろうと思わなければできないことですので、意識していきましょう。